用途に合わせた作業服選び

作業服は、汚れてもいいのだから何でもいいと思って選んでしまいがちです。しかし、私服を汚さない目的で着用されるだけでなく、目的に合わせた機能が備わっていると役立ちます。屋外と室内での作業によっても違いがありますが、仕事でどんなものを取り扱うのかによっても素材の種類に着目する必要があります。屋外で仕事をするという人であれば、泥汚れが多くついてしまうことになります。

手ではらい落とすこともできるのですが、繊維の奥にまで泥が到達してしまうとなかなか取り出すことができません。泥汚れが気になるような仕事で着用するのであれば、防汚加工が布に施されていると役立ちます。自動車や機械製造など機械油を使用するという現場で働くスタッフにも、防汚加工はきれいに着続けるためにも活躍をします。室内での作業を行う人であれば、屋外のようにそれほど汚れるようなことはないでしょう。

しかし、汚れ防止だけが作業服の目的ではなく、洋服から出る繊維が商品についてしまうと困るという仕事をする人もいます。精密機器などを取り扱っているのであれば、帯電防止加工が備わっているといいでしょう。静電気によって衣類の繊維が舞ったりはりついたりすることもありません。作業服は、仕事で取り扱うものの種類によっても選ぶべき機能性が違ってきます。

新しく購入するとなると、サイズやデザインばかりに気を取られてしまいがちですが、生地に施されている加工による機能の面についても比較して選んでみるといいでしょう。渋谷駅で洋服お直しのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*